PENTAXが新型の一眼レフカメラK-30を海外発表 #photo

・・・

35mmフルサイズじゃないんだぁ・・・

でもSONYがTLM&EVFに走ってしまっているのでPENTAXの一眼レフカメラは重要ですよね。
ボディ内手ブレ補正で視野率100%のファインダー。
それだけでも存在価値がありますよね。

K-30はK-01と違ってデザインも悪くないし。
まあ・・・K5の方が個人的には好きだけど。
値段はK5より安くなるんでしょうから・・・売れる・・・売れるかも・・・売れて欲しい・・・です。

 

K-5、K-01の仕様から察するにRAWはDNG形式で出力できるんでしょうね。
買った直後からApertureでRAWが扱えるって訳だ。
ここはSIGMAも見習って欲しいですね。
SD1MerrillもファームウェアアップデートでDNG形式に対応してくれないかなぁ・・・
「X3F形式にどんなアドバンテージがあるのか?」あるいは「Foveonの出力する情報を保持するにはX3F形式が必要なのか?」・・・よくわからないんだけど。
jpeg以上X3F以下の位置付けでDNG形式にも対応しました的な?
頼みますよ。SIGMAさん。m(_ _)m
ApertureやPhotoshopLightroomでRAWが扱えればもっと売れると思いますから。

 

単三電池でも稼働できるって所はエントリー機としてポイント高いかも?
単三電池を使うためのアダプタの値段にもよるけど。
一眼レフカメラを使い慣れている人は予備のバッテリーを買ってカメラバックに入れるの当たり前ですけど、始めて一眼レフカメラを買う人って「自分がどれだけ一眼レフカメラにハマるのか?」がまだわかっていないですものね。
イキナリ予備のバッテリーは買えないけど、イキナリ必要になるのも予備のバッテリー。

 

でも・・・やっぱりPENTAXには35mmフルサイズの一眼レフカメラを出して欲しいですよね。
α900無き今、PENTAXに期待している人も居るじゃないかと思うんだけど。

私自身は買わないけどPENTAXの35mmフルサイズのデジタル一眼レフカメラを見てみたいし、PENTAXというブランドのためにも必要なカメラだと思うんですよね。

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告