プラチナバンドのCM始まりましたね。 #iPhone

プラチナバンド。
それはSoftBankが新たに使用の免許を得た900MHz帯の電波です。
電波はその波長が長い程届く範囲や建物への浸透率が上がると言われています。
docomoとauが800MHz帯を使用できるのに対してSoftBankは今までは1.8GHz帯(でしたっけ?)しか使えなかったので不利な戦いを強いられていました。
iPhone4はプラチナバンド対応機種なのでどれだけ繋がりやすくなるか楽しみです。
電波の届く範囲や建物への浸透率が上がるので繋がりやすくなるのも期待ですが、使用する周波数帯が増えると言う事は単純にチャネル数が増加すると言う事でもあるので(渋滞が緩和され)通信速度も上がるんじゃないかと密かに期待していたりします。(笑)
キチンと基地局を整備すればau並にはなるハズ。

ちなみに対応機種は2012年7月2日現在以下に示すようになっています。

iPhone 4S、iPhone 4、iPad 2、新しい iPad
PANTONE 4(105SH)
001HT、X06HTII、X06HT、X05HT、X04HT
2012年夏モデル全機種対応予定

PANTONE4はガラケーのPANTONEの中で唯一プラチナバンドに対応した機種という事になるので貴重ですね。
新品が買えなくなるのが残念です・・・

まずはSoftBankのお手並み拝見ですね。

カテゴリー: IT | タグ: , , , , | 投稿日: | 投稿者:

広告


marbee について

ある時はフォトグラファー、またある時はブロガー。果たしてその実態は?1973年生まれO型男独身

RSS

ソーシャルメディアもチェェェックヽ(^o^)丿

関連記事

プラチナバンドのCM始まりましたね。 #iPhone」への2件のフィードバック

  1. perseus

    こんばんは。
    プラチナバンドは言葉だけ知っていますが、速度主体ではなく、繋がりやすさ主体だったのですね。
    ずっと速くなるとばかり思っていて、勘違いしておりました(汗)
    ただ、速くなる可能性もあるのなら、非常にありがたいことなのですが(笑)

    1. marbee投稿作成者

      perseusさん。ご訪問&コメントありがとうございます。

      そもそもは3Gを始める時3社で「1.8GHz帯でサービスしよう。」と約束したのにauが約束を破って800MHz帯でサービスを始めたのが不公平の始まりだったと記憶しています。

      対抗上docomoは仕方なく免許を持っていた800MHz帯でのサービスも始めましたが、そもそも免許を持っていないSoftBankは為す術がなく「SoftBankは繋がりにくい。」というレッテルを張られる屈辱を味合わされたと記憶しています。

      auって結構ヤクザですよね。(笑)

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告