ANAが2000億円規模の増資だそうです。時価総額5000億円程度に対して2000億円という事でかなりの希薄化。でも・・・政府の援助を受けて有利に事業を進めているJALや新興のLLCに押されて厳しいんだろうなぁ。 #stock

ANAが2000億円規模の増資をするという話がロイターに出ています。
時価総額5000億円程度の企業が2000億円も増資するとあってかなりの希薄化になるとか。
ANA株は年初来安値を更新だそうです。

ANAも可哀想だよね。
JALは政府の援助を受けて有利に事業を進めています。
結果的にANAは不利な戦いを強いられています。

ダメ企業だったJALに税金を投入する事で優良企業だったANAを追い詰めている。
なんとも皮肉な話じゃないですか?

これでANAがダメになったら?
JALの本質が変わっていなかったら?

やっぱJALなんて潰しちゃえば良かったんだよ・・・
国民や投資家を馬鹿にしているよね。
っとJAL株で大損ブッコイたオッサンは思う訳です。(笑)

カテゴリー: 投資 | タグ: , , | 投稿日: | 投稿者:

広告


marbee について

ある時はフォトグラファー、またある時はブロガー。果たしてその実態は?1973年生まれO型男独身

RSS

ソーシャルメディアもチェェェックヽ(^o^)丿

関連記事

ANAが2000億円規模の増資だそうです。時価総額5000億円程度に対して2000億円という事でかなりの希薄化。でも・・・政府の援助を受けて有利に事業を進めているJALや新興のLLCに押されて厳しいんだろうなぁ。 #stock」への2件のフィードバック

  1. masakazoo

    でも、政府の支援は後々高くつくこと多し。
    天下りを受け入れることで、身動きが取れなくなって、また行き詰る。
    ANAの方が知恵を出さなきゃならない為、じわりじわり、ど根性大根的な復活できるで~

    1. marbee投稿作成者

      masakazooさん。ご訪問&コメントありがとうございます。

      です。
      政府がJALを支援した事でこうして高く付いてしまっているのです。

      ANAはボーイング787のLaunchユーザになる事で調達コストを安くする等元々知恵を絞っていた優良企業です。

      JALなんか破産させちゃえば良かったんだよう。

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告