「OS X MountainLion」をインストールしました。 #macjp

MountainLionリリース
「OS X MountainLion」がリリースされていたので早速インストールしてみました。

 

以下にインストール方法を示したいと思います。

まずがMacAppStoreからMountainLionを購入しましょう。
LaunchPadが起動してダウンロードが始まります。
MountainLionダウンロード

ダウンロードが完了したらMountainLionのアイコンをクリックしましょう。
MountainLionダウンロード完了

インストールウィンドウが開きますので「続ける」をクリックしましょう。
MountainLionインストールスタート

使用許諾が表示されるので(まあ読まなくても大丈夫だと思いますが)一通り読んで「同意する」をクリックしましょう。
MountainLion同意するをクリック

インストール先の選択画面になります。Defaultで内蔵ディスクが選択されているので「インストール」をクリックしましょう。
MountainLionインストールをクリック

管理者のパスワード入力画面になるので入力して「OK」を押下しましょう。
MountainLion管理者のパスワードを入力

インストールが開始されます。一服しましょう。(笑)
MountainLionインストール開始

インストール(の実は前段階)が終わると再起動を促されます。「再起動」をクリックしましょう。
MountainLion再起動

他のアプリケーションを起動していると終了させて良いか聞いてくるので「他のアプリケーションを閉じる…」を押下しましょう。
MountainLion再起動他のアプリケーションを閉じるを押下

この画面が出れば後は待つだけです。再起動が行われファームウェアが起動されて本インストールが開始されます。30分位要します。また一服しましょう。(笑)
MountainLion再起動開始
以上で「OS X MountainLion」のインストールは完了です。

 

付属アプリケーションもアップデートされていますのでMountainLionのインストール完了後MacAppStoreよりアップデートしましょう。
MountainLion付属アプリケーションをMacAPPStoreからinstall

ApertureもMountainLion対応のバージョン3.3.2が出ています。使用している人はMacAppStoreよりアップデートしましょう。
MountainLionAperture332もインストール

 

Lionの時同様、DefaultではJavaのランタイムがインストールされていません。コマンドラインからjavaコマンドを実行する等、何かjavaのアプリを起動すると以下に示すウィンドウが開きます。「インストール」を押下しましょう。
MountainLionコマンドラインからjavaコマンドを実行

javaランタイムがインストールされます。
MountainLionのJavaランタイムをインストール
以上でとりあえずのインストール作業は完了ですかね?

MountainLion

Safariが新しくなっていたリマインダーやiMessageがインストールされていたりします。

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告