ソニーのフルサイズNEXスチルカメラの登場は2013年末以降になる?

SONY_NEX-VG900流出画像
(注)写真は35mmフルサイズセンサーを採用するカムコーダNEX-VG900の流出画像です。

毎度のデジカメInfoさん情報です。
デジカメInfoさんのコメント欄には「レンズはマウントアダプターで良いからボディだけでも出してくれぇ!!」と言うコメントが溢れてますね。(笑)

 

個人的にはこの方針は至極真っ当な方針だと思います。
理由は二つあります。

α99の市場での受け止められ方を見極める必要がある。
SONYはα99というデュアル位相差AFを搭載した革新的なカメラを市場投入したばかりな訳で、まずはこのカメラが市場にどのように受け入れられるのか見極める必要があると思います。
思惑通り動体へのAFの食付きの良さが好感されてProの市場に食い込む事ができればフルサイズNEXは趣味性の高いカメラとして市場投入する事ができると思います。
逆にPro市場に受け入れられずAマウントレンズを所有するハイアマチュア専用のカメラとなってしまったら・・・フルサイズNEXを市場投入すると自社のカメラ同士で市場を食い合う事になってしまいます。
この場合何かフルサイズNEXがα99とは食い合わないように工夫するか・・・フルサイズNEXの市場投入を諦めるかしなければならないですね。
FUJIFILMのXマウントが35mmフルサイズセンサーに対応できるのか判らないですが・・・もし対応できるなら「マウントアダプターでオールドレンズ」という市場はFUJIFILMに持っていかれてしまうでしょうから・・・微妙ですよね。

ハイブリッドAFを打ち出した以上建前でも専用レンズは必要だと思う。
35mmフルサイズNEXを作る場合画像センサーはα99の物を流用する事になると思います。
NEX-6、NEX-5Rで像面位相差AFとコントラストAFのハイブリッドAFを打ち出してしまった為、今後発売するNEXのボディではハイブリッドAFの実装は必須となってしまったからです。
テストもしていない機能を実装して製品を発売する訳には行かないのでテストの為にも35mmフルサイズセンサーに対応したEマウントレンズは必要になります。
(Eマウントレンズはクロップ専用と割り切る可能性もありますが・・・(^_^;))
α99を発売してしまった以上、MINOLTAから受け継いだ時代遅れなレンズの刷新やAマウント用の新しいレンズの開発の方が急務ですから、35mmフルサイズセンサー対応のEマウントレンズは試作品すら作っている余裕は無いと思います。

 

私はそもそも冒頭で示した画像が示すように35mmフルサイズセンサーがEマウントのサークルに収まっていない事から35mmフルサイズの画像センサーのスチルカメラのNEXが出るかどうか自体懐疑的です。
上で上げた理由から出るとしても2013年中に発表できるかも怪しいと思っています。
良くて2013年末に開発表明、発売は2014年じゃないでしょうか?

まあ発売されても買わないと思いますけど。
(SONYが有機三層センサーを製品化してFoveonが駆逐されたら話は別ですが・・・(^_^;))

カテゴリー: カメラ | タグ: , , , , | 投稿日: | 投稿者:

広告


marbee について

ある時はフォトグラファー、またある時はブロガー。果たしてその実態は?1973年生まれO型男独身

RSS

ソーシャルメディアもチェェェックヽ(^o^)丿

関連記事

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告