PhotoshopLightroomを買ってしまいました。(^_^;)

AdobePhotoshopLightroom
PhotoshopLightroom

SD1Merrillに対応してから買うつもりだったのですが・・・(^_^;)

Adobe公式ストアで2012年11月16日までキャンペーンをやっていて15%offだったんですよ。
AppleApertureを使っている私は「特別提供版」というちょっと安いパッケージで良いんだそうです。
っでお値段なんと8568円。
さらにValueCommerceのショッパーズクラブ経由で買えば6%バックされるので・・・
どうせSD1Merrillへの対応に関わらずAdobeRGB事件を経験してしまってAppleApertureの機能的な不満が限界に達し、いずれは買うつもりになっていたんだし・・・
ねぇ?

 

んで昨日届いたんで早速インストールしてちょっと使ってみました。
AppleApertureと比べてメリット・デメリットを箇条書きにしたいと思います。

メリット:

  • AdobeRGBに対応している(NEX-7のRAWで確認)
  • レンズの歪曲補正に対応している(プリセットが無くても手動で調整する事も可能な様です。)
  • 対応カメラが多い。(SD1Merrillに対応してください。m(_ _)m)
  • シャープネスやノイズ補正等各機能がApertureより強力
  • 署名をテキストで書き出し時に自動で入れられる
  • 安定している

デメリット:

  • UIが直感的では無い(Apertureと比べるとです。)
  • SD1Merrillに対応していないのでせっかく豊富にあるSIGMAのレンズのプリセットがSD1Merrillで撮った写真で使えない
  • E18-200mmF3.5-6.3OSSの歪曲補正プリセットが無い(これがアレばNEX-7用としては文句なしです。m(_ _)m)

ファーストインプレッションはこんな感じですかね。

 

個人的な感想ですが・・・「RAW現像ソフトとはなんぞや?」という所を理解している人にとってはPhotoshopLightroomの方がオススメですね。

逆にそうで無い人は・・・Apertureは基本的な使い方の説明がAppleのWebサイトに動画であって勉強してから買えるようになっているので・・・って今探したら動画見当たらないなぁ。(^_^;)
むむむ。
でもApertureの方がApple純正だけにUIは洗練されていて直感的に使えるので・・・

まあWindowsの人はAppleApertureは選択できないのですが・・・PhotoshopLightroomは日本語で著された関連書籍も複数発売されているようなので・・・

 

私はこれからはPhotoshopLightroomを使い込みたいと思います。

カテゴリー: カメラ | タグ: , , , , , , | 投稿日: | 投稿者:

広告


marbee について

ある時はフォトグラファー、またある時はブロガー。果たしてその実態は?1973年生まれO型男独身

RSS

ソーシャルメディアもチェェェックヽ(^o^)丿

関連記事

PhotoshopLightroomを買ってしまいました。(^_^;)」への2件のフィードバック

  1. ヨー

    あら、ご購入されたんですね。
    私はLRはノイズリダクションがうまくできるので好きです。

    SONYのカメラにとっては良き相棒ですよね♪
    なんせ現状のSONY純正のRAW現像ソフトはノイズリダクションは、そうはもう・・・・・・・・なもので(笑)

    個人的には、今までよりISO一段上げても安心できます。

    1. marbee投稿作成者

      ヨーさん。ご訪問&コメントありがとうございます。

      確かにノイズリダクション強力ですよね。(^^)
      NEX-7が思っていたより低感度からノイズが乗るので重宝してます。
      ただ調子に乗ってノイズリダクションをかけ過ぎるとディテールが失われてしまうので諸刃の刃ですよね。(^_^;)

      SD1MerrillのRAWに対応してくれないかなぁ・・・

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告