SD1MerrillのRAWがAdobeに対応される事は期待できないようです。 #SD1 #SIGMA

SIGMA

本日SIGMA社のサポートより(オブラートに包んだ表現で)「SIGMAはAdobeと交渉は行わない。」と回答がありました。
日本Adobeのサポートからはこの時期になってRAW対応されていないという事は今後もサポートする見込みは無いと見解を得ています。

可能性はゼロとは言いませんがAdobeのエコシステムで今後もSIGMAのカメラシステムがサポートされる事は無いでしょう。
せっかく素晴らしいハードウェアなのにマイナーなままいずれ消え去る運命と思います。
悲しいですね。
( ´ー`)フゥー...

自動車のロータリーエンジンを思い起こさせます。

私としてSD1Merrillを発売日に購入し、その可能性を信じて今日まで5000枚以上の写真を撮り500px等に投稿もしてきた訳ですが、この事実を受け入れてSIGMAのカメラシステムに力を入れるのを一端止めようと思います。
Foveonの描写には魅了されているので今持っているシステムは維持したいと思いますが・・・まあ先の事は判らないですね。

 

今後はまたAマウントのカメラをMainカメラに変えたいと思います。
ただ・・・この1年で撮影スタイルも少し変わったと言うか・・・私も成長したと思います。
それによってレンズに求める性格も変わったと思います。
なので今手元にあるレンズでは・・・ちょっと妥協を強いられる・・・かな?
ちょうどいいレンズが中古で売っていたのでポチってみました。
(手元に届いたら記事にします。)
まずは使い慣れたα900で今の自分の写真を模索したいと思います。

 

え?α99?
う〜ん。予算的にすぐには・・・
α900で今の自分が満足できる写真が撮れるようになったら・・・
手を出す・・・かも?
その時の覚悟次第ではSIGMAのカメラシステムもすべて売却するかも知れないですね。
まあボチボチ頑張りますわ。
( ´ー`)フゥー...

SD1MerrillのRAWがAdobeに対応される事は期待できないようです。 #SD1 #SIGMA」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: RAWで撮影するのは撮影後に試行錯誤するためでは無いのか? | marbee's blog

  2. ピンバック: レンズ沼じゃないよ!! バックアッププランだよん。(^_^;) α900 | marbee's blog

  3. ピンバック: 私は悩んでいる。Foveonを諦めるべきか否か? | marbee's blog

  4. ピンバック: 16bitTIFFはコストが高すぎる。 SD1Merrill | marbee's blog

  5. ピンバック: 愛機紹介(α99編) | marbee's blog

  6. ピンバック: さようならSD1Merrill。SIGMAのカメラシステム一式すべて売却しました。 | marbee's blog

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告