私は悩んでいる。Foveonを諦めるべきか否か? #SD1 #SIGMA

SIGMA

Foveonを諦めるべきか?
この答えを年内に出す事は恐らく無理だろう。
私は悩み続ける事になると思う。

SD1Merrillで撮影した写真は素晴らしい。
崩れたブロック
この質感!!
正直惚れ惚れしている。

しかし・・・Adobeにサポートされる可能性がほぼゼロと判明した今、もうMainカメラとして使う訳にはいかないだろう。
これは・・・

  • 現像に要する労力
  • ライブラリ管理に要する労力
  • 将来に対する希望を失ったという事実
  • SIGMAに対する抗議の意味
  • Adobeに対するお願いの意味

といった要因によってである。

 

私は今持っているSIGMAのカメラシステムをすべて売却すると何円位になるのか調べてみた。
約20万円は期待できるという事が判った。

SIGMAのカメラシステムを諦める場合・・・当然Aマウントユーザでもある私はα99という選択肢を検討しなければならなくなる。
SONYは私がα900を使っていて相談した問題点を(SONYの宣伝文句を信じれば)α99ですべて解決している。
しかもダイナミックレンジの向上等・・・α99の画像センサーは正直購買意欲をそそる。
α99は実売価格約25万円である。
正直画像センサー以外にα900からα99に乗り換えたいと思う点は無い。
だが・・・差額5万円なら・・・Foveonを諦める決心が付けば・・・検討に値するPriceだと思う。

 

しかし・・・このブログでも散々述べてきたように・・・Foveonは現存する画像センサーの中では最も理想に近い画像センサーである。
これを諦めるのは・・・正直難しい。
しかしもう使わないなら・・・
Aマウントシステムに力を注ぐならば・・・
諦めなければならないのかも知れない。

 

α900でも一応現在の自分が満足できる写真は撮れた。
紅葉

Foveonが自動車のロータリーエンジンのように・・・
理想的な理論の画像センサーでありながら・・・
その問題点を克服できず・・・
いずれ衰退する運命なら・・・

バイヤー配列方式の画層センサーが自動車のレシプロエンジンのように・・・
理想的では無い理論の画像センサーでありながら・・・
長足の進歩を遂げ(実際かなり進歩した)・・・
普及する運命ならば・・・

Foveonをしゃぶり尽くすというPricelessな経験をした今・・・そろそろ幕を引き・・・新しい道へ歩き出すべきなのかも知れない・・・

 

難しい選択である。
カメラは自動車と違って・・・その維持に必要なコストは・・・防湿剤代と置き場所・・・程度である。
人生の1ページとして記念に保存して置く・・・と言う選択肢もあるだろう。
しかし覚悟を決めるなら・・・あえて断捨離する必要があるだろう。

 

私は悩み続けている。
その答えは・・・少なくとも年内には出そうに無い。

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告