2012年12月23日のお散歩デジタル一眼レフカメラ α99 #photo

早速α99でフィールドワークしてきました。
帰って来て現像してビックリですね。コレ。

まずISO感度。
今日は様子を見るためにISOAUTO上限6400で撮影して来たのですが、ISO6400でもノイズが見当たらない写真がある。
ノイズが出ても輝度ノイズが出るだけで色ノイズ等は皆無です。
PhotoshopLightroomで輝度ノイズのパラメータをイジッてやるだけで簡単に補正できます。
ISO6400は常用可能ですね。
暫くは

  • 手持ちで撮影する場合はISOAUTO
  • 三脚を使う場合はISO100

という使い方をしたいと思います。

次にビックリしたのは解像感ですよね。
α900はシャープネスをかけたくなる感じだったのですが、α99ではシャープネスをいじろうという気が起きませんね。
α900と比べるとアニメ絵っぽくもならないし・・・

正直、無理して買って良かったと思います。
SD1Merrillの解像感とは違った方向性だけどα99の写真も好きです。(^^)

以下に今日撮影してきた写真を列挙したいと思います。
α99でRAW撮影、PhotoshopLightroomで現像です。

椿
雑草
ヒメツルソバ
ピラカンサ
柿
ピンク色の花
黄色い花
古いポスト
椿
紫色のパンジー
色づいた葉
ランタナ
黄色い花
池と鴨
冬桜
冬桜
冬桜
シダ類の植物
岩
枯れ木のトンネル
池と鴨
鳥居
水溜
ススキ
鳩
冬の紅枝垂れ桜
梅の芽
白い草
葉牡丹
赤い花
足場のツガイ
椿
赤い実
オステオスペルマム
紫色の実
椿

それと・・・ぬるい話で恐縮なんですが・・・バリアングル液晶って便利ですね。(^^)
バリアングル液晶自体はNEX-5,7で経験済みだったんですが・・・今考えるとNEXは長いマクロレンズが無いってのがそう感じた理由なんだろうけど「バリアングル液晶不要じゃね?」って思っていたんですよね。(^_^;)
でもα99で180mmMacroと組み合わせて使うと・・・コレは便利ですわ。
葉牡丹の写真なんかがそうなんですけど普通ならこういうアングルでは地面に腹ばいになるかアングルファインダーでも使わないと撮れないんですよね。
それがパカっと液晶開いてサクッと撮れる。

他社の35mmフルサイズ一眼レフカメラでバリアングル液晶を装備しているカメラは無いですし、位相差AFでライブビュー撮影できるカメラも無いですから、意外とα99のキラー機能なのかもね。
三脚で撮影する時なんかも便利に使えそうだ。(^^)

カテゴリー: 写真 | タグ: , , , , , | 投稿日: | 投稿者:

広告


marbee について

ある時はフォトグラファー、またある時はブロガー。果たしてその実態は?1973年生まれO型男独身

RSS

ソーシャルメディアもチェェェックヽ(^o^)丿

関連記事

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告