トヨタもヨーロッパ流の戦い方を覚えて来たようですね。「トヨタ、ル・マンまでに性能調整の規約変更を求める」

トヨタTS030

トヨタのテクニカルディレクターを務めるパスカル・バセロンは、スパ後のチーム分析で、現在の性能調整(Balance of Performance )が、アウディのターボディーゼルに有利に働いていることを示したと述べた。

 

勝てないならルールを変えてしまえ!!

 

これがヨーロッパ流の戦い方だと思います。
WRCで三菱がグループAのランサーで勝ちまくっていた時に、自身に有利なWRカー規定をヨーロッパの自動車メーカが作ってしまったのを思い出しますね。

トヨタのレースチームはヨーロッパ流の戦い方ができるようになったんですね。
アウディの政治力も強力なので勝てるかどうかわからないけど・・・
ヨーロッパ流の戦い方を身につけたトヨタのレースチームを祝福したいと思います。

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告