ザウバーの財政状態がそんなに苦しいとは・・・可夢偉を放出してニコ・ヒュルケンベルグと契約したのは失敗でしたね。 ザウバー、シーズン中のF1撤退を否定 #f1gp

2013年シーズン中にザウバー撤退?

ザウバーは、財政危機により2013年シーズン終了前にF1から撤退するとの噂を否定した。
Blick は「財政的な理由によりマシン開発がストップしている」と報道。
ザウバーは、請求書の支払いが滞っているとの噂があり、チーフデザイナーだったマット・モリスはすでにマクラーレン移籍が公表されている。
同紙によると、ザウバーはニコ・ヒュルケンベルグの5月の給与を支払っていないと報道。
ニコ・ヒュルケンベルグの年俸は100万ユーロ(約1億3000万円)とされている。

 

エスティバン・グティエルスを使う事で財政問題はギリギリクリアしているんだと思っていました。(^_^;)
今シーズンの成績が思っていたより良くなかった事でスポンサーからの支払いも滞っているのかも知れないですね。

 

ニコ・ヒュルケンベルグの移籍は本人にとってもチームにとっても失敗だったかも知れないですね。

レースにタラレバは無いですけど・・・ニコ・ヒュルケンベルグでは無く・・・小林可夢偉を使っていれば・・・給料は払わなくても済んだでしょうし・・・可夢偉が集めた募金も使えたでしょうし・・・
マシン開発と言う点でも去年からの継続性を維持できたかも知れない・・・
ウィンターテストでは体の大きいニコ・ヒュルケンベルグにマシンを合わせるために苦労してましたからね。

ニコ・ヒュルケンベルグもフォース・インディアでならもっと活躍できたでしょうし・・・

 

世の中って難しいね。(^_^;)

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告