CanonがEOS 70Dを正式発表。一眼レフで「デュアルピクセルCMOS AF」とか言われてもイマイチ訴求度低いなぁ・・・

CanonEOS70D

噂通り「デュアルピクセルCMOS AF」機構を搭載して来ましたね。
三脚使って風景を撮る時にライブビューが速いと快適に撮影できるので喜ぶべき所とは思います。
ただ普段はレフレックスミラーで反射した像を普通の位相差センサで検出する訳で・・・イマイチ訴求度低いよね。
まあ光学ファインダー信者には理想的なシステムなんだろうけどα99でEVFの素晴らしさを知ってしまった身としては・・・ね。
コレを見るとSONYは次のAマウント機からトランスルーセントミラーを取り去ってミラーレスにするって噂も信憑性が出てきた・・・かな?

普通に使う分には60Dからの進化点があんまり見当たらないですね。
画素数が増えて・・・画像処理エンジンがDIGIC5+になった・・・位?

ライブビューの速さは画像処理が必要なので普通の位相差センサに敵わないとか言っているみたいだけどDIGIC5+?
DIGIC6にしたら普通の位相差センサ並の性能が達成できたんじゃないの?
それは7DMarkⅡにおあずけって所かな?(^^)

画素数がちょっと増えても対して変わらないし・・・RAWで撮るなら画像処理エンジンの性能が上がってもあんまりメリット無いでしょうし・・・安くなった60Dを買った方がお得なような気がする。
事実60Dも併売するみたいですね。

NikonのD7100に対抗してローパスレスにして来たら面白かったのになぁ・・・

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告