WordPressのPlugin「Quick Cache」を使う時は記事更新時にすべてのキャッシュをクリアするように設定しておかないとFeedがキャッシュされてRSSリーダに更新が伝わらない。 #WordPress

WordPress

現象

当ブログの更新結果がRSSリーダに正しく反映されないという現象が発生していました。

原因

当ブログでは「Quick Cache」と言うページをキャッシュする事で表示を高速化するPluginを利用しています。
これによってRSSのFeedまでキャッシュされていました。(^_^;)
キャッシュの有効期間を1日にしていたためブログを更新してもRSSリーダはキャッシュされているRSSFeedを参照していました。
結果更新状況がRSSリーダに伝わっていませんでした。

対策

「Dynamic Cache Pruning Option」をALLに変更しました。
「Dynamic Cache Pruning Option」をALLに変更
つまり記事を更新する度にすべてのキャッシュをクリアするって事ですね。
まあ・・・ラッシュ時以外はキャッシュ無しでもレスポンスタイムに問題は無いので・・・問題無いでしょ・・・たぶん・・・(^_^;)

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告