可夢偉とコンビを組む可能性もあるな。セルゲイ・シロトキン、2014年にザウバーでF1デビューを予定 #f1gp

セルゲイ・シロトキン

ザウバーは、ロシアの3企業との新たにスポンサー契約を結んだことを発表した。
発表されたスポンサー企業は『Investment Cooperation International Fund』『The State Fund of Development of North-West Russian Federation(北西ロシア連邦国家開発基金)』『National Institute of Aviation Technologies(ロシア国立航空技術研究所)』の3社。
「パートナーシップには、2014年ソチにおけるロシア初のF1グランプリの宣伝活動、若い世代の才能あるロシア人のモータースポーツへの起用も含まれます。特に、ロシア人ドライバー、セルゲイ・シロトキンがチームの2014年レーシングドライバーとして準備するための開発プログラムが用意されます」

問題は誰がもう一つのシートに座る事になるのかですね

セルゲイ・シロトキンはニコ・ヒュルケンベルグとエスティバン・グティエルスどちらのドライバーの変わりとしてF1デビューするのか?
今回の財政難の発端がエスティバン・グティエルスを支援するスポンサーが支払いを渋ったからなら・・・エスティバン・グティエルスが首を切られる。
そうでなければすでに契約解除しているニコ・ヒュルケンベルグのシートに収まる。
カルロス・スリム率いるmedia企業スポンサー群は来シーズンからマクラーレンのメインスポンサーになる事がすでに発表されています。
すでにザウバーへの投資を手仕舞いし始めているのかも知れない。
だとするとエスティバン・グティエルスの変わり?

セルゲイ・シロトキンは経歴から想像しても最初から成績は期待できそうに無いので・・・もう一人はある程度の成績を収めるために実績のあるドライバーが欲しい。
ニコ・ヒュルケンベルグはもう契約解除してしまっているので・・・
フェラーリとの関係を考えると小林可夢偉をフェラーリからレンタルする事になるのかも知れないですね。

もちろんフェリペ・マッサやジュール・ビアンキの動向にも左右されますが・・・
フェリペ・マッサが引退して後釜にフェラーリ可夢偉、ザウバーにはジュール・ビアンキってのが理想ですね。(・ω<)これは可夢偉F1復帰の可能性が出てきましたね。(^^)フェラーリもザウバーも「もう一つ」のシートはギリギリまで決まりそうにないって事は確かだな。

2013年9月11日追記:マッサ→引退、ライコネン→フェラーリ移籍が発表されました

可夢偉→フェラーリは無くなったけど・・・ロータスのシートが空いた事でニコ・ヒュルケンベルグはソッチに行くかなぁ・・・
ジュール・ビアンキは2014年もマルシャ残留って噂が出始めていますし・・・
そうするとザウバーのシートには・・・(゚A゚;)ゴクリ

2013年9月13日追記:当記事が当ブログの人気記事ランキング(過去30日間)で1位になりました。日本人は可夢偉を熱望しています

ブログの統計結果を元に新しい記事を書きました。
http://www.marbee.info/2013/09/13/15514/
よろしければご一読ください。m(_ _)m

可夢偉とコンビを組む可能性もあるな。セルゲイ・シロトキン、2014年にザウバーでF1デビューを予定 #f1gp」への2件のフィードバック

  1. masakazoo

    この人も、ユーロノバにいた人。そして、もう一人のユーロノバの人がテストに参加する。
    その場合、誰が開発することになるのかは、不明ですけど。

    結局、メキシコ人とロシア人の組み合わせじゃない?日本人はサードドライバーで。

    1. marbee投稿作成者

      masakazooさん。ご訪問&コメントありがとうございます。

      ロシアのスポンサーがどれくらいザウバーにコミットしているのかも怪しくなってきたので・・・仰る通りメキシコ人とロシア人の組み合わせになるんですかねぇ・・・

      ただ・・・マシン開発出来るドライバーが居ない→セッティングが出ない→成績が悪くなる→チームへの分配金が少なくなる→マシン開発できない→成績が・・・の悪循環に陥るのが目に浮かびますね。(^_^;)

      可夢偉(ザウバーで実績があり、たぶんフェラーリから無料同然でレンタルできる)とペイドライバーの組み合わせなら悪循環に陥らないで済むのですが・・・

      まあ・・・モニシャのお手並み拝見ですね。

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告