「あまちゃん」見た(地震のシーン)録画して2回見た。涙が出た。 #あまちゃん #nhk

あまちゃん

あまちゃん見た。(地震のシーン)
模型を使う等最大限の配慮はなされていたけど・・・
それでも当時の記憶が蘇った。
涙が出た。

地震のシーンになる事は知っていたから覚悟はしていたけど・・・

ほのぼのしたあまちゃんが急にシリアスなドラマになったから余計に来たんだと思う。
今日(2013年9月2日)の放送分は録画していたので2回見た。
2回目の方がジーンと来た。
涙が出た。

当時の記憶が蘇った

あの時・・・私は東京のビルの13階で仕事をしていました。
揺れが凄くて振り飛ばされないように机にしがみついていたのを思い出します。
揺れが収まると周りの人達は仕事に戻ったけど・・・私は病気の父が家に居たので心配で・・・フレックスタイム制度を利用して退社しました。
最寄りの駅を覗いたけど・・・照明まで落ちていて・・・「これは大変な事になっている!!」と思い徒歩での帰宅を決意しました。
横浜にある自宅までは箱根駅伝1区間分。
「駅伝選手は1時間ちょっとで走破するんだから素人の私でも徒歩ならなんとかなる!!」そう思いました。

周りの会社では従業員が全員外に避難していて点呼をしていました。
自分の務めている会社はほぼ全員がスグ仕事に戻った・・・ブラックな会社だな・・・つくづくそう思いました。
自宅までの道順は箱根駅伝で判っていたので歩き出しました。

道は徒歩で帰宅する事を決心した人で溢れていて・・・みんな黙々と歩いていました。
途中踏切の真ん中で電車が止まっていて道を塞いでいました。
「これは想像以上に大変な事になっている。」
歩けば歩くほどその思いは強くなりました。

iPhoneを握りしめて・・・ひたすら歩き続けました。

川崎に入った頃にはすっかり日も暮れていました。
自宅の近くは停電していて・・・信号も消えて・・・道路も混沌としていました。
警察官が全員出動して交通整理に当っていたけど・・・人数が足りなくて・・・状況に対応しきれていない感じでした。
3.11
停電していると暗くて足元も見えなくて・・・歩くのが怖かった・・・

それでも約6時間歩き続けてなんとか自宅にたどり着きました。
幸い自宅は停電していなくて父も無事でした。

あまちゃんの登場人物に感情移入しているから余計にキタんだと思う

登場人物に感情移入していた分、当時テレビでニュースを見ていた時よりも今日のあまちゃんはある意味リアルに感じる事が出来たと思う。
クドカンの脚本凄いね。
あまちゃんは日本人が忘れちゃイケナイ・・・忘れられない記憶を見事に描いた作品だと思う。
ホント涙が出た。

ただ・・・当時被災地に居た人、今でも被災地で暮らしている人が心配・・・

当時テレビでニュースを見ていた時よりもある意味リアルに感じられただけに・・・今日の放送を見てPTSDになった人も居たんじゃないかと・・・
これから明るく盛り返して元気なあまちゃんで最終回を迎えてくれる事を期待します。

カテゴリー: その他 | タグ: , , | 投稿日: | 投稿者:

広告


marbee について

ある時はフォトグラファー、またある時はブロガー。果たしてその実態は?1973年生まれO型男独身

RSS

ソーシャルメディアもチェェェックヽ(^o^)丿

関連記事

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告