RX-10 ファーストインプレッション 特別体験会にて

α7 特別体験会

α7の特別体験会でRX-10もイジる事ができました。
私なりにファーストインプレッションを纏めたいと思います。

外観

RX-10 正面
RX-10 上面
RX-10 側面
RX-10

感想

たぶん私が「右肩に液晶が乗っていて、左肩にモード変更ダイヤルが載っているのが上級者向け」って偏見を持っている分バイアスは懸かっていると思うのですが・・・正直質感は高かったです。
ネオ一眼でこのクウォリティを出されてしまうと一昔前の一眼レフカメラの立場が無いですね。(^_^;)

レンズ

F値をF2.8にセットしてズームレンズを望遠側に回して行ってみたのですがホントに望遠端でもF値の表示はF2.8のままでした。
ちょっと感動しました。(^_^;)
ZeissのF2.8通しのズームレンズが乗っているって凄いですよね。

ファインダー

評判の良いRX-100MarkⅡの画像センサにZeissレンズの組み合わせが効いているんですかね。
予想以上にファインダーが良いんですよね。
これだけ写れば十分なんじゃないかと思いました。
たぶん高倍率ズームレンズだから歪曲はあるんだろうと思いますがファインダーには歪曲補正された像が写るのもポイントですよね。

ホールド感

一眼レフスタイルだから当然良いですよね。
ただその分持ち運び易さは犠牲になっている訳で・・・

AF

NEX-7と同程度の性能は出ていますね。
私はコレで十分だと思うんだけど・・・動体追尾の連射野郎には物足りない・・・かも?

総評

「APS-Cの一眼レフに高倍率ズームレンズを付けっぱなしって人はコレの方が良いんじゃないかなぁ?」と思いました。
ライカ判換算焦点距離22-200mm相当ZeissF2.8通しのレンズに評判の良いRX-100MarkⅡの画像センサですからね。
レンズが格納されると意外とコンパクトになるし・・・RX-100MarkⅡには当然負けますけど・・・APS-Cの一眼レフカメラに高倍率ズームレンズを付けるのに比べたら・・・凄いコンパクトですよ。コレ。
レンズ固定式だから交換式より精度も出ているだろうし・・・
これで13万円・・・高倍率ズームレンズ付けっぱなしな人にはこのカメラの方が・・・(^_^;)

ネオ一眼もココまで来たか・・・

欠点はRXシリーズの名前を付けてしまった事位ですね。
RXシリーズに一眼レフスタイルは採用して欲しくなかった・・・

高倍率ズームレンズしか使っていない人は買うかどうかは別としてコレを一度試してみる事をオススメしますよ。
考えさせられる物はありますから。


コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告