F1 RENAULT 2014 エンジン 主要諸元

Energy F1主要諸元

ルノーの2014年用F1エンジンの主要諸元が発表されています。
クランク高とか高くなっているんですね。
なんかフォーミュラーカーのエンジンのイメージからは遠ざかったかなぁ。(・・?

SPEC比較

エンジン名称RS27-2013ENERGY F1-2014
排気量2.4リッター1.6リッター
最高回転数18,000rpm15,000rpm
充填圧力自然吸気
(過給禁止)
シングルターボチャージャー
ブースト圧無制限
(燃料流量制限に起因により典型的には最大3.5バール )
燃料流量制限無制限
(典型的に170kg/h)
100 kg/h (-40%)
レースごとに許可される燃料量無制限
(典型的に160kg)
100 kg (-35%)
形式90° V890° V6
シリンダー数86
ボア最大98mm80mm
ストローク規制なし53mm
クランク高最小58mm90mm
バルブ数3224
エキゾーストツインエキゾーストアウトレット
(シリンダーバンクごとに1)
車の中心線上にタービンからの単一の排気口
燃料間接噴射直接噴射
ドライバーあたりの年間パワーユニット数85
MGU-K rpm無制限
(38,000rpm)
最大50,000rpm
MGU-K power最大60kW最大120kW
MGU-Kによるエネルギー回生最大0.4 MJ/lap最大2MJ/lap
MGU-Kによるエネルギー放出最大0.4 MJ/lap最大0.4 MJ/lap
MGU-H rpm100,000rpm
MGU-Hによるエネルギー放出無制限 (> 2MJ/lap)

ターボのブースト圧が無制限って所が熱いね

まあ・・・実際には燃料の流量制限があるので無限に上げられる訳じゃないけど。
リーンバーン的な所を突き詰めて行けば高出力高燃費なエンジンに仕上げる事ができるかも知れないですよね。

でもエンジンはマシンを構成するパーツにすぎないですからね

問題は2014年用のマシンがどんな纏まり方をして来るかですね。

「美しいマシンは速い。」は真実だと思うので。

2014年用マシンの発表が楽しみです。(^^)

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告