ピレリ 上位3チームの2013年マシンで2014タイヤをテスト 上位チームに有利 #f1gp

ピレリ2013年用のマシンで2014年のタイヤをテスト

La Gazzetta dello Sport と Autosprint は、ピレリのテストは、12月17~19日にバーレーンで実施され、実際には3チームが参加すると報道。参加チームは、コンストラクターズ上位3チームである、レッドブル、メルセデス、フェラーリになるという。
Autosprint は、コンストラクラーズ4位のロータスも招待されたが、財政的な理由のため辞退したと報じている。
La Gazzetta dello Sport は、収集したタイヤデータは、他の全チームが利用可能になるとし、他チームはオブザーバーをバーレーンに派遣することが許可されているという。

データは全チームで共有されるとは言え・・・実際に自チームのマシンでテストする。

  • レッドブル
  • メルセデスAMG
  • フェラーリ

に有利ですね。

一応3エンジンメーカに綺麗に分かれている所が救いかな?

エンジン特性によってもトラクション性能とか変わってきますからね。
3メーカのエンジンでデータが取られると言うのは良い事ですね。

ロータスも誘われたのに財政上の危機で不参加・・・

やっぱりパストール・マルドナドを採用したのにはそれなりの理由があるようですね。(^_^;)
ロマン・グロージャンの成長に期待だな。

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告