ブライアン・ハート 死去 ご冥福をお祈りします。 #f1gp

ブライアン・ハート

F1にエンジンを供給していたハートの設立者、ブライアン・ハートが亡くなった。享年77歳。

ブライアン・ハート。
勘違いかも知れないけど・・・個人的にはインターF3000でDFVエンジンの名チューナーだったと言う記憶が一番強いです。
F1ではやっぱりジョーダン・グランプリですかね。
ご冥福をお祈りします。m(_ _)m

DFVエンジンの名チューナーの死は化石燃料エンジンでのレースの時代の終焉を意味するのかもしれない

F1は今年(2014年)からエンジン→パワーユニットに代わりますよね。
心臓部はV6エンジンかも知れないけど・・・ERS等が複雑に組み合わさったそれはもはや「エンジンと呼ぶよりパワーユニットと呼ぶ方がふさわしい。」と言われています。

プロトタイプカーの世界でもハイブリットカーが猛威を振るっていますよね。
アウディもトヨタもハイブリットカーです。
日産は今年ル・マン24時間レースに電気自動車で出場します。

そしてなんと言っても2014年はフォーミュラEが初開催を迎えます。

そんな折に世界的に名の知れたエンジン屋が天に召される。
なにか運命的な物を感じます。

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告