「NIKKOR」レンズ、累計生産本数 8,500万本を達成

「NIKKOR」レンズが累計生産8,500万本達成

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)のレンズ交換式カメラ用の「NIKKOR(ニッコール)」レンズ※1の累計生産本数が、2014年1月上旬に8,500万本を達成しました。

数年前のCP+で累計7000万本って展示を見たような気がしますが・・・速いですね。(^_^;)
CP+2014の展示の目玉の一つになりそうですね。

Nikonってコンサバなレンズが多いからこの数字は凄いと思います

AマウントからNikonFマウントにマウント変えした身からするとNikonのレンズって基本的にはコンサバですよね。
もちろん58mmF1.4みたいなNikonらしいレンズもあるけど。

Aマウントには

  • 135mmSTF
  • 500mmF8Reflex
  • 100mmソフトフォーカス
  • 100mmF2

とか他にも色々名玉癖玉があって物欲を刺激されたものですが・・・Nikonでは今使っている如何に示す4本で満足してしまって新しいレンズが欲しいと思わないんですよね。

  • AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
  • AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
  • AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
  • TAMRON SP AF180 F3.5 B01

オールドニッコールにでも手を出さない限りレンズ沼にはハマり難いんじゃないかな?

なのでこの数字は凄いと思います。

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告