Zeiss Touit 2.8/50M ガチなマクロレンズ

Zeiss Touit 50mm f2.8
Zeiss Touit 2.8/50M

Zeiss Touit 2.8/50M macro lens for Fuji and Sony mirrorless cameras announced

ZeissがガチなマクロレンズTouit 2.8/50Mを海外発表しました。
APS-C専用なのが残念な所ですね。

Xマウント用レンズでは初めてのガチなマクロレンズ

SONYのEマウントにはE30mmF3.5Macroって言う不人気で安いのによく映るマクロレンズがあります。(ただし焦点距離が短すぎてボケの演出には向きません)

しかしFUJIFILMのXマウントには「XF60mmF2.4R」と言うハーフマクロレンズがあるだけでガチなマクロレンズは今までありませんでした。
Zeissと言う事を抜きにしてもXマウントユーザには貴重なレンズですね。

APC-C専用なのが残念

α7が発売された今となってはこのTouitシリーズ自体・・・どうなんでしょ(・・?
Xマウント用はAdobeのエコシステムにレンズプロファイルが無いし・・・微妙なんだよね。このシリーズ。

EマウントユーザはFE100mmF2.8GMacroを待ったほうが良いと思う

Eマウントには2014年発売予定でFE100mmF2.8GMacroって言うガチなマクロレンズが予定されているので・・・買うならFE100mmF2.8GMacroの方が良いと思います。

私はα7ユーザなので当然ですけど・・・APS-CのEマウントユーザもFE100mmF2.8GMacroは検討した方が良いと思います。
100mmのマクロレンズってライカ判でもAPS-Cでも使い易い焦点距離だと思います。
ボケの演出と言う意味でも焦点距離は長い方が有利だしね。

カテゴリー: カメラ | タグ: , , , , | 投稿日: | 投稿者:

広告


marbee について

ある時はフォトグラファー、またある時はブロガー。果たしてその実態は?1973年生まれO型男独身

RSS

ソーシャルメディアもチェェェックヽ(^o^)丿

関連記事

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告