F1 2014 メルセデスエンジン有利 ルノーエンジン不利? #f1gp

ケータハム 2014 可夢偉 初走行

ヘレスで開催された2014年シーズン最初のウィンターテストが終わりました。
まだまだ各チームシェイクダウンの段階で速さを語る事はできないけど・・・エンジン別周回数を見ると・・・

メルセデスエンジンが好調でルノーエンジンが不調

エンジン別周回数を以下に示します。

エンジン周回数
メルセデス875
フェラーリ444
ルノー151

メルセデスエンジンが好調ですね。
逆にルノーエンジンの周回数は異常に少なくてちょっとピンチかな(・・?

可夢偉の乗るケータハムもルノーエンジンなんだよね

チーム別周回数を見てみると最終日になってやっとテストに参加したマルシャを除くと下位3チームをルノーエンジンユーザが占めている事がわかります。

チームエンジン周回数
メルセデスAMGメルセデス309
フェラーリフェラーリ251
マクラーレンメルセデス247
ウィリアムズメルセデス173
ザウバーフェラーリ163
フォース・インディアメルセデス144
ケータハムルノー76
トロ・ロッソルノー52
マルシャ(最終日になってからテストに合流)フェラーリ30
レッドブルルノー21

王者レッドブルが最下位。
コレは・・・ルノーエンジンピンチ?(^_^;)
可夢偉が乗るマシンのエンジンなのに・・・早期巻き返しを願います。m(_ _)m

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告