レンズ交換式のカメラである以上、誤差の範囲の光漏れは仕方ない

α7R

Imaging Resource says A7 light leak is a “non-issue” (Canon 5dmarkII leaks much more!).

フジノンレンズ XF 56mm F1.2 R X-T1への装着例

Light Leak Problem: Fuji GER says “just a few X-T1 affected and repaired within 10 days”

新しいカメラが出る度に「光漏れ」の問題って指摘される。
最近α7Rで問題になっていて・・・X-T1でも問題になり始めた。
ちょっと前だとCanonEOS5DMarkⅢなんかを思い出します。

問題はレンズを付けて撮影した際に無視できない影響があるのか否かだと思う

私もα7を使っていますが・・・撮った写真に変な光が写り込んだ事なんか一度もありません。
そりゃそうだよね。
メーカでテストしてから製品化しているんだから。

個人的にはレンズを付けた撮影で確認できる程の光漏れでなければ問題無いと思っている。

厳しい品質基準を課すのはコストに跳ね返ると言う事を忘れてはイケナイ

光の粒子は超細かい訳で。
極端な話光の侵入をゼロにするのはカメラが複数のパーツで構成されている以上無理だと思う訳。
増してレンズ交換式カメラの場合はどうしたって隙間がある訳で。

それこそ防塵防滴どころの話じゃない。
文句を付けだしたらキリが無いし・・・メーカに対応させれば次世代機のコストは必ず上がる訳で。

もちろんメーカの意識を高める為に指摘する事は必要だと思う。
でも最終的にはコストと天秤にかけて検討されるべき問題と思う。

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告