フォーミュラカーにある程度の危険性があるのは避けられない? #f1gp

2014年F1マシン、低いノーズの衝突時の危険性が露呈

プレシーズン中、レッドブルのエイドリアン・ニューウェイは、2014年F1マシンのノーズが“サブマリン(潜水艦)”のような事故を引き起こすと警告していたが、開幕戦ですでにその危険性が露呈した。
ブレーキの故障で制御が利かなくなってフェリペ・マッサに衝突した小林可夢偉のフロントノーズは、マッサのマシンのディフューザーの下に“潜り込み”、マッサのマシンは約30cm持ち上げられた。

今度はディフューザー廃止とか?
そもそもオープンホイールのマシンは危険な訳で・・・
だからフェンダーからタイヤがはみ出している車は車検に通らない訳で・・・
難しいね。(^_^;)

突き詰めるとオープンホイールの車である事が問題

高いノーズのマシンが追突すると宙を舞ったのはタイヤがむき出しな事の方が問題な訳で・・・
しかしオープンホイールじゃなきゃフォーミュラカーの魅力半減だし・・・
難しいね。

F1が存続する為には安全性の追求は止めてはイケナイ事だし・・・
しかしオープンホイールじゃなきゃF1じゃ無いし・・・

宙を舞ってもドライバーは意外と平気

ロバート・クビカの事故等が示しているように近年F1マシンが宙を舞う事故で死人は出ていないんだよね。
ドライバー目線だとサブマリンよりは宙を舞った方が安全だったりする。(^_^;)

でもマシンが宙を舞うと観客に危険が及ぶ可能性がある訳で・・・
コレは一番あってはイケナイ事。
サーキットの改修で対応できないかな(・・?

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告