ケータハム今シーズン中の撤退は回避。でも来シーズンの可夢偉は? #f1gp

ケータハム、F1チーム売却を正式発表

ケータハムは、F1チームが新たなオーナーに売却されたことを正式に発表した。
チームを獲得したのは、スイスと中東の投資家から成るコンソーシアムで、売却は元HRT代表のコリン・コレスのアドバイスを受けて成立。元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースがチーム代表として日々の運営を担当することになった。
チームは「ケータハムF1チーム」という名前を変えず、リーフィールドの拠点もそのまま維持。ドライバーラインナップについては触れられていないが、小林可夢偉は今後もチームで走る予定となっている。

ケータハムF1チームが新しいオーナーにチームを売却する事でF1撤退を回避したそうです。
可夢偉もチームに残れるみたいなのでまずは一安心です。
でも新オーナーにも新オーナーの思惑があるでしょうから来シーズンのドライバーラインナップは不透明になりました。
可夢偉の来シーズンのシートはあるのかな?

日本企業が可夢偉をどれ位バックアップするか次第?

新オーナーがどれほどの予算をもたらすか判りませんが・・・「まず中段チームと戦えるようにする。」と言うマイルストーンは変わらないようなので・・・マシン開発の為にもお金は少しでも多く欲しい所ですよね。

今年は80億円の募金を持ち込む事でシートを得た可夢偉。
しかし来シーズンは?
個人的には80億円以上のスポンサーフィーを持ち込まないとシートは無いように思えます。
ケータハムがTMGの風洞を利用している事等から新オーナーも可夢偉が使えるなら使いたいでしょうが・・・果たしてビッグスポンサーが現れるかどうか・・・

誰か名乗りを上げてくださ〜い。m(_ _)m

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告