フェルナンド・アロンソのフェラーリ離脱が現実的になってきました #f1gp

フェルナンド・アロンソ、パフォーマンス条項でフェラーリ離脱が可能?

Autosprint は、フェルナンド・アロンソは、フェラーリが少なくともコンストラクターズ選手権を3位で終えるというパフォーマンス条項によって今シーズン末にフリーになるとし、すでにメルセデスとコンタクトを取っていると報道。

パフォーマンス条項・・・あり得る話です。(゚A゚;)ゴクリ
アロンソ程のドライバーなら必ず契約にパフォーマンス条項は盛り込まれているハズ。
っとすると移籍先は・・・

記事ではメルセデスAMGとあるけど・・・

正直メルセデスAMGが今のドライバーラインナップを変えるとは思えないんだよね。
ハミルトンとロズベルグ。
メルセデスAMGにはベストなドライバーラインナップだと思います。

アロンソは可能ならメルセデスAMGに入りたいと思っているでしょうけど・・・メルセデスAMG側は今のドライバーラインナップを維持したいと思っている。
たぶんアロンソの入る余地は・・・無いでしょう。

現実的にはマクラーレンだと思う

もう少し様子を見なければならないと思いますけど・・・FRICが禁止になった事でマクラーレンって復調して来ていると思うんですよ。
ドイツでもケビン・マグネッセンが4番グリッドだったし・・・オープニングラップでのマッサとの接触が無ければ・・・アロンソより前でゴールしていた可能性も高いと思います。

ただマクラーレンは2015年からホンダパワーユニットのワークス供給を受ける事になっています。
ホンダパワーユニットの出来は未知数。(^_^;)

しかしホンダは今年のメルセデスパワーユニットを可能な限り研究し、良い所は取り込んだパワーユニットを完成させるハズ。
何よりホンダのエンジンにIHIのターボは強すぎてF1のターボ時代に終止符を打った黄金のコンビ。
また市販車ではホンダはハイブリッドカーでトヨタと双璧を成すリーディングカンパニーです。

「ホンダの通った後にはぺんぺん草一本残らない」と言う言葉もあります。
2015年のF1を席巻するのはマクラーレン。
可能性は十分あります。

またジェンソン・バトンの契約が2014年いっぱいで切れます。
フェルナンド・アロンソを獲得できるとなれば・・・マクラーレンは動くと思います。

以上を総合すれば・・・今後数レース様子を見て・・・マクラーレンの復調が本物なら・・・鈴鹿辺りで・・・(゚A゚;)ゴクリ

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告