F1 2014 ロシア 決勝 勝負は2コーナーで付いた #f1gp

F1 2014 ロシア 決勝

スタート直後の2コーナー。

スリップストリームからイン側に入り2コーナーにアプローチするニコ・ロズベルグ。
ニコ・ロズベルグにイン側を取られても冷静にコーナーにアプローチするルイス・ハミルトン。

結果ブレーキングミスをしてタイヤにフラットスポットを作りコーナーをショートカットしてしまうロズベルグ。
ロズベルグのブレーキングミスを冷静に対応し鮮やかにコーナーをクリアして行くハミルトン。

両者のメンタルの違いがクッキリと現れた瞬間だったと思います。
正直今年のドライバーズワールドチャンピオン争いはあのブレーキングで決したと思います。
マシントラブルが出ない限りはね。(・ω<)

リザルト

順位No.ドライバーチーム
144ルイス・ハミルトンメルセデスAMG
26ニコ・ロズベルグメルセデスAMG
377バルテリ・ボッタスウィリアムズ
422ジェンソン・バトンマクラーレン
520ケビン・マグネッセンマクラーレン
614フェルナンド・アロンソフェラーリ
73ダニエル・リチャルドレッドブル
81セバスチャン・ベッテルレッドブル
97キミ・ライコネンフェラーリ
1011セルジオ・ペレスフォース・インディア
1119フェリペ・マッサウィリアムズ
1227ニコ・ヒュルケンベルグフォース・インディア
1325ジャン・エリック・ベルニュトロ・ロッソ
1426ダニエル・クビアトトロ・ロッソ
1521エステバン・グティエレスザウバー
1699エイドリアン・スーティルザウバー
178ロマン・グロージャンロータス
1813パストール・マルドナドロータス
199マーカス・エリクソンケータハム
10小林可夢偉ケータハム
4マックス・チルトンマルシャ

ファステストラップ:1分40秒896 / バルテリ・ボッタス (ウィリアムズ)

メルセデスAMG コンストラクターズワールドチャンピオン獲得おめでとうございます

コンストラクターズに関しては最終戦のポイント2倍ルールも意味が無かったね。(^_^;)
去年までは空力が絶対的にアドバンテージだったF1。
今シーズンはパワーユニットが主役になる。
そう読んだメルセデスの鮮やかな勝利でしたね。

去年までのセオリーに縛られて空力重視で小型のパワーユニットを作ったフェラーリと好対照です。

バトン渋く4位ポイントGET

ケビン・マグネッセンも5位ですし今週のマクラーレンは好調でした。
この好調を維持してホンダパワーユニットを積む来年に繋げて欲しいです。

ベッテルはなんであんなに燃費で苦しんでいたんでしょう(・・?

メルセデスパワーユニット勢が直線で300kmオーバーなのに270kmしかスピードが出せないんじゃ勝負にならないです。
川井ちゃんの解説だとエネルギー回生の為に直線で踏み切れなかったみたいだけど・・・
リチャルドはそんな事無かったのに・・・

  • 少ない燃料搭載量でスタートしたのか?
  • 無駄にホイールスピンさせているのか?

ちょっと気になります。

ダニエル・クビアトはちょっと可哀想だったかな?

折角予選順位は良かったのにメルセデスパワーユニット勢にバンバンとオーバーテイクされる展開。
マシン的にしょうがない事だけど・・・初開催の母国GPであの展開はちょっと可哀想でした。
来年レッドブルでリベンジしてくれ!!

可夢偉はなんであんな扱いを受けなければならないの!!

レースウィークの水曜日にならないと乗れるかどうかもわからないのに・・・マシンに問題が無いのにマイレージをセーブする為にリタイア(゚Д゚)ハァ?
あんまりでしょ。あの扱い。
チームに80億円も持ち込んだドライバーなんだよ?
最新のアップデートパーツを付けたマシンでFP1から走らせればマルシャに勝てるドライバーなんだよ?
ケータハムはF1で戦う気あるのかねぇ。( ´ー`)y-~~

次戦はアメリカGP

10月31日(金)
11月2日(日)

コンストラクターズチャンピオンシップは決してしまったので焦点は自動的にドライバーズチャンピオンシップに絞られます。
マシントラブルが出ない限りドライバーズワールドチャンピオンはルイス・ハミルトンになると思うけど。

マルシャが2台目を走らせるのかも興味あるかな。
ジュール・ビアンキの事は残念でならないけど・・・マシンを飾っとく位ならアレキサンダー・ロッシにチャンスを与えて欲しいかな。

カテゴリー: モータースポーツ | タグ: , , , | 投稿日: | 投稿者:

広告


marbee について

ある時はフォトグラファー、またある時はブロガー。果たしてその実態は?1973年生まれO型男独身

RSS

ソーシャルメディアもチェェェックヽ(^o^)丿

関連記事

F1 2014 ロシア 決勝 勝負は2コーナーで付いた #f1gp」への4件のフィードバック

  1. しのぴんのつぶやき (@shinopin_twi)

    ロズベルグのチャンプへの夢は、タイヤスモークと共に消えた感じですかね?。結果2位でしたが、最後まで戦ってならまだマシですけど、クルマとタイヤに助けられての2位ですからねぇ・・・。
    今後の注目はベッテルとアロンソの去就ですかね(^_^;)。

    1. marbee投稿作成者

      ロズベルグは今のメンタルだとワールドチャンピオンは無理でしょう・・・
      2コーナーでのブレーキングがそれを象徴していたと思います。

      ベッテルとアロンソの行き先は公然の秘密ですけど・・・他のドライバーの契約に影響するので早く正式発表してあげて欲しいです。

  2. masakazoo

    可夢偉のリタイアの理由が「パーツをセーブするため」。
    「電気系」「駆動系」を連発する方が昔居られましたが。
    その内、タイヤが減るから走るのやめようとか。
    マルシャとバトルするな、ミッションが痛むからとか。

    このチームは一体何をしたくてF1にいるのだろう?

    1. marbee投稿作成者

      う〜ん。来年のグリッドにケータハムは居るんですかね(・・?

      もはや新オーナーグループが何の為にチームを買収したのかも謎です。
      トニー・フェルナンデスに騙されて逃げ道にされたのかな。

      厳しいシーズンになるとは思っていましたが・・・ここまでとは。(^_^;)

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告