1ユーザが3Dプリンタで自作 超広角レンズ用 フィルタアタッチ #camera #lens #Nikon

3Dプリンタで自作 AF-S NIKKOR 14-24mm f:2.8G ED フィルタアタッチメント1
3Dプリンタで自作 AF-S NIKKOR 14-24mm f:2.8G ED フィルタアタッチメント2
3Dプリンタで自作 AF-S NIKKOR 14-24mm f:2.8G ED フィルタアタッチメント3
3Dプリンタで自作 AF-S NIKKOR 14-24mm f:2.8G ED フィルタアタッチメント3

3D printed filter holder for the Nikon 14-24mm f/2.8 lens

海外の1ユーザがNikonの超広角レンズ「AF-S NIKKOR 14-24mm f:2.8G ED」用のフィルタアタッチメントを3Dプリンタで自作したみたいです。
って言われてもこのレンズの事を知らない人には何の話かわからないですよね?(^_^;)
でもたぶんこのレンズを使っている人にとっては狂喜乱舞物の話なんですよ。

超広角レンズの前玉は球面

AF-S NIKKOR 14-24mm f:2.8G ED
この写真だとレンズフードが付いているので判り難いと思いますが・・・「AF-S NIKKOR 14-24mm f:2.8G ED」に代表される超広角レンズの前玉は球面なんです。
なので・・・NDフィルタとか付けられないのね。

NDフィルタとは?

レンズに入る光を減光できるフィルタです。
シャッタースピードを遅くする時に使います。
滝の写真なんかを撮る時に使います。
水を流れる糸のように表現できるのね。
私の撮った写真で言えば・・・例えばこんな感じ。
ウォーターモンスター

超広角レンズと言うと風景撮影専用レンズな訳で日中スローシャッターとかしたい訳ね。
その為にはNDフィルタを付ける必要がある。
でも前玉が球面だと市販のNDフィルタは前玉と緩衝してしまって付けられない。

それがこのアタッチメントを使うとNDフィルタを付けられるのです!!

「AF-S NIKKOR 14-24mm f:2.8G ED」はCanonユーザも使う名玉

「NDフィルタを使いたいなら違うレンズを使えな良いじゃん?」って普通の人は思うかも知れません。
例えば私が1DXで使っている「EF16-35mm F4L IS USM」は広角端が2mm狭いだけで市販のフィルタを付ける事ができます。

「EF16-35mm F4L IS USM」は良いレンズです。
でも・・・風景写真に力を入れている人は最高のレンズで撮りたいと思う・・・のだと思います。
聞いた話では・・・Canonユーザの中にもマウントアダプターを使ってCanonのカメラにNikon「AF-S NIKKOR 14-24mm f:2.8G ED」を付けて使っている人も居るそうです。
「AF-S NIKKOR 14-24mm f:2.8G ED」はそれ位評価の高いレンズです。

しかし今まではNDフィルタを付けられなかった。
それが付けられる。
たぶんこのレンズを使っている人には狂喜乱舞物の話なハズです。

これからは3Dプリンタでユーザがアイテムをドンドン自作する時代

なんでしょうね。

凄い時代になったもんだぁ。( ´ー`)y-~~

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告