フェラーリ 2015 プルロッド式サスペンション 継続 大丈夫? #f1gp

フェラーリ、2015年F1マシンでもプルロッド式サスペンションを継続

フェラーリは、2015年F1マシンでもプルロッド式フロントサスペンションを継続すると Autosprint が報じている。
プルロッド・レイアウトは、より低いノーズ、サスペンション、低重心を可能にするが、調整が難しく、セットアップ変更に敏感ではないことが知られている。
同誌は「ライネンは、プルロッドサスペンションの特徴でもあるフロントの精度不足に絶えず不満を述べていた」と述べた。

2014年のデータを有効活用する為には当然の決断のように思えるけど・・・どうなんだろう(・・?
2014年終盤のライコネンは上り調子だったから良いセッティングが見つかったと思いたいです。

2014年のベッテルとライコネンが同じ様な調子だったので

案外ベッテルとライコネンはドライビングスタイルが似ているのかも知れません。
そうだとすると2014年ライコネンの不調はプルロッドサスペンションじゃないのかも知れないけど・・・コレは下手したら本人にもわからないですよねぇ。

2015年からベッテルとライコネンのコンビになるフェラーリ。
パワーユニットの問題もあるし・・・2015年は学習の年と割りきって見るべきなのかな(・・?

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告