中国化工集団によるピレリ買収が合意 F1タイヤサプライヤー中国に #f1gp

中国企業、ピレリを買収

[ミラノ 23日 ロイター] – 長らく景気が低迷していたイタリアは、今や中国企業の絶好の買収ターゲットになっている。中国勢は、知名度はあるが資金力に乏しい企業への投資に意欲的で、今後も大型の買収が続く可能性が高い。
中国の国有企業、中国化工集団(ケムチャイナ)は22日、世界5位のタイヤメーカー、イタリアのピレリを71億ユーロ(77億ドル)で買収することで合意した。中国企業による欧州企業買収では過去最大級。143年の歴史があるイタリア企業が中国勢の手にわたることになる。

もうピレリ買収は両者の間で合意に達しているんですね。(^_^;)
ロイターの報道なので信頼できると思います。
F1のタイヤサプライヤー・・・どうなるんだろう?

ココの所ヨーロッパの実力低下が顕著ですね

先日のF1ドイツGP開催中止。
今回の中国国営企業によるピレリの買収。

F1はヨーロッパ経済の縮図だと思います。
これらの事象はヨーロッパ経済が弱っている事を示していると思います。

シェールガス革命でサブプライムローンショックから立ち直ろうとしているアメリカと比べるとヨーロッパの出遅れ感が目立ちます。

ちょっと心配だなぁ。(^_^;)

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告