2016年からタイヤ選択自由 フェラーリに有利? #f1gp

2016年からタイヤ選択自由 フェラーリに有利?

2016年からF1チームがレース週末に使うドライ用のタイヤコンパウンドを4種類の中から2種類で選べるようになる

タイヤコンパウンドをチームが選べると言う事は・・・タイヤへの入力が優しいフェラーリは対メルセデスAMGでより柔らかいタイヤを使える?
2016年はフェラーリがメルセデスAMGに挑めるようになるかも知れないですね。(^^)

4日(木)F1ストラテジーグループミーティング合意事項

2016年に向けて

各チームがレース週末で使用する2種類のドライタイヤコンパウンドを(4種類から)自由に選択。

2017年に向けて

  • マシンの高速化:空力規定の進化、ワイドタイヤ、マシン重量の削減によってラップタイムを5~6秒向上させる
  • 燃料補給の再導入(レースの燃料使用量は維持)
  • 高回転のエンジンとノイズの増加
  • よりアグレッシブなルックス

議論されたが、実行にはさらなる調査が必要なもの

  • レース週末のフォーマットにグローバルなアイデアを反映する
  • 外部のアシスタンスを得ずにドライバーのみによってスタートする方法

燃料給油と省燃費パワーユニットって矛盾しない?

「省燃費なのに燃料給油が必要ってどうなのかな?」って思うんですけど・・・
給油可能なら燃費を稼ぐよりもよりパワーを絞り出した方が有利だよね?

耐久レースじゃないんだから燃費を気にしながらペース配分する今のF1も確かに矛盾しているけど。

タイヤ交換義務を無くしたら面白くなるかもね。
戦略に幅が出る。

  • ピットインしてタイヤ交換・給油をしながらハイペースで飛ばす
  • 燃費に気を配ってノーピットストップでゴールを目指す

選んだパワーユニットによって戦略を強要されるレースチームは嫌がるだろうけど。

カテゴリー: モータースポーツ | タグ: , , , , | 投稿日: | 投稿者:

シェアしてもらえると嬉しいです。(^^)

広告


marbee について

ある時はフォトグラファー、またある時はブロガー。果たしてその実態は?1973年生まれO型男独身

RSS

ソーシャルメディアもチェェェックヽ(^o^)丿

広告