CP+2016 Canon #camera #Canon #CP+

CP+2016 Canon

Canonブースでっす。(=゚ω゚)ノ

注目は「Canon EOS 1DX MarkⅡ」ですよね。

Canon EOS 1DX MarkⅡ

Canon EOS 1DX MarkⅡ 上面
Canon EOS 1DX MarkⅡ 背面
Canon EOS 1DX MarkⅡ 左側面
Canon EOS 1DX MarkⅡ 右側面

私のmainカメラの後継モデル。(; ゚д゚)ゴクリ…

ちょうどブースが比較的空いていそうだったので案内のお兄さんに「どれくらい待ったら見られます?」と聞いてみました。

「今ご覧になっているお客さまが終わればご覧になれますよ。」との事だったので見せてもらいました。ヽ(≧∇≦)ノキャー♪

係りのオネーさんに「私は1DXのユーザなんですけど、メカ的な部分には不満は無いんでよね。改善して欲しいのは画像センサだけで、具体的には『ダイナミックレンジ』『赤の飽和』の2点だけです。WebサイトでサンプルのRAWファイルを公開して頂ければ改善度合いを検証し易いのですが・・・」と話した所、「確かに今はjpegのサンプルしか公開していないですね。なるほど。報告しておきます。」とメモを取って頂きました。(≧∀≦*)b.:゚+イェイ♪

っで、触らせてもらった印象

まず手に持って最初に感じるのは安心感です。
ボタンの配置等が1DXと一緒で手に馴染んだ感じそのままです。
剛性感等から来る信頼感もそのままで間違いが無い感じがMarkⅡにもしっかり受け継がれています。

そしてファインダーを覗くと・・・驚きます。(*゚ο゚)!
ファインダー像が更に綺麗になっている!!」と。

1DXは私が今まで使って来た一眼レフカメラの中で最もファインダー像が綺麗なカメラです。
正直光学ファインダーの完成形だと思っていました。
まさか1DXのファインダー像が更に綺麗に進化するとは・・・

私がビックリしていると、係りのオネーさんが「ファインダーに色々表示できるようになったんですよ。例えば水準器等表示できます。」と設定を変えて色々見せてくれました。

しかし私は・・・ファインダー像の美しさそのものにビックリしていました。
1DXで究極だと思っていたのに更に進化できるのかと。

感動してテンション上がりました

CP+には・・・名称がCP+に変わってパシフィコ横浜で開催されるようになってから毎年通っているのですが・・・カメラを触ってテンションが上がったのは初めての経験です。ヽ(≧∇≦)ノキャー♪

  • 変えるべき所は変えて、変えてはイケナイ所は変えない
  • 徹底的にネガ潰し
  • こだわりを持ってカメラを作っている

Canon技術者のその姿勢。そこから生み出されたカメラ。ただただ感動してしまいました。

まあ、この感動は1DXユーザにしか味わえないんでしょうけど。(^^ゞ

その後もテンションが上がったまま係りのオネーさんと熱く語り合ってしまいました。