納得出来ない ホンダだけ2月28日以降の開発を認められず #f1gp

ホンダ、2015年シーズン中のエンジンアップグレードを許されず

F1エンジンメーカーは、2015年シーズンを通してV6ターボパワーユニットを開発する準備を進めているが、2015年から参入するホンダは除外された。
最近、2014年のF1エンジン供給元であるメルセデス、ルノー、フェラーリは、2015年の開幕戦オーストラリアGPで“凍結”されるエンジンを提示する必要のなことが明らかになった。
フェラーリによって発見された規約の抜け穴は、その後、ルノーによって以降の会議で支持された。
その日付は2年目のメーカーには適用されず、メルセデス、フェラーリ、ルノーは2015年シーズンを通して32のパフォーマンス開発“トークン”を展開することができる。
は「(ホンダのような)ニューカマーには初年度にトークンは与えられない」と報道。
「2月末に彼らのエンジンがホモロゲートされるまで、彼らは完全に自由に開発できるが、その後は、信頼性、コスト、安全性面のアップグレードだけになるだろう」

ヨーロッパ流の政治的な戦略ですね。
フェラーリとルノーがどこまで開発を許されるのかわからないから何とも言えないけど・・・
全く新しいパワーユニットをルノーやフェラーリが投入する事が許されるならホンダに著しく不利。
そうでないならメルセデスに有利ですね。

2015年2月28日までにホンダが競争力のあるパワーユニットをホモロゲートできれば良いのですが

2014年のメルセデスパワーユニットも参考にしているだろうし・・・ウィンターテスト初日からガンガンテストする予定でしょうから・・・たぶんホンダなら大丈夫と思う。
とは言え・・・開幕戦が始まってみないとわからないなぁ。(´ε`;)ウーン…

頑張れ!!ホンダ!!

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告