ホンダ 2015シーズン中の開発が許可されたヽ(=´▽`=)ノ #f1gp

マクラーレン・ホンダ、エンジン凍結の緩和を望む

ホンダは、2015年にF1エンジンの開発を許可されたと BBC が報じた。
当初、FIAは2015年にマクラーレンのエンジンパートナーとしてF1復帰するホンダにはシーズン中のエンジン開発を認めていなかった。
マクラーレンとホンダはそれが不当だとして不満を表明。ホンダの経営陣はFIAと会うために月曜日に日本を経っていた。
そして、FIAは最初の判断を撤回。ホンダは、新しいF1エンジンの開発を許可された。

ホンダの経営陣頑張りました。ヽ(=´▽`=)ノ
これで他のパワーユニットサプライヤーと同じ条件で戦えます。
ホンダパワーを炸裂させて欲しいです。

「トークン」って?

今回の決定で、ホンダには3月16日のF1オーストラリアGPまでの時点で他のメーカーが使っていないトークンの平均数が与えられることなった。
FIAのチャーリー・ホワイティングは「2014年のマニュファクチャラーの3つが、シーズン開幕時にそれぞれ8、7、5の未使用トークンがある場合、新しいメーカーはシーズン中に6の使用を許可される」と述べた。

「トークンとはなんぞや?」って感じですよね。
一応解説した文章を引用すると

F1パワーユニットは、機能詳細別に42項目に分類され、各項目にはパフォーマンスへの影響度によって1~3の“ウェイト”が設定される。コンポーネントの100%を変更するには各ウェイトを合計した66の『トークン』が必要となる。
また、2014年のホモロゲーション直後、上部/下部クランクケースの2、クランクシャフトの2、エアバルブシステムの1が“凍結”となった(全体の8%)。凍結されるトークンは2012年までに段階的に増えていき、2019年の段階でアップデート可能なトークンは3となり、95%が凍結される。

要するにエンジンの開発できる量を制限するルールですね。
細かい事はわからないけど。(^^ゞ

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告