フォース・インディア 新車の印象は良かったのに 厳しい状況です #f1gp

フォース・インディア、2014年F1マシンでバルセロナに出発

フォース・インディアは、バルセロナテストに向けて出発したが、荷物には2014年F1マシン『VJM07』が詰め込まれた。
フォース・インディアの副代表ボブ・ファーンリーは、中団チームにとって現在の資金問題が「非常に危機的”なのは確かだ」と Sky に語った。

折角印象の良い新車を設計できたのに・・・サプライヤーに払うお金が足りなくてパーツが揃えられず走らせられない・・・厳しいです。(^_^;)
あのマシンならウィンターテストで順調にマイレージを重ねる事ができれば良い成績が残せると思ったのですが・・・

ニコ・ヒュルケンベルグにこだわったのが間違いだったのかも?

2015年マシンからフォース・インディアのマシンはTMGの風洞を使って設計されているんだよね。
タラレバだけど給料を払ってニコ・ヒュルケンベルグをドライバーとして雇うのを諦めて・・・小林可夢偉を使っていたら?

少なくとも可夢偉なら無給で走ってくれるでしょうし、セルジオ・ペレスとのコンビネーションも問題ありません。
上手くすればTMGは風洞の使用で便宜を計ってくれるでしょう。
浮いたお金を新車につぎ込めばヘレステストから新車を走らせられたかも知れません。

たぶんニコ・ヒュルケンベルグとは複数年契約でそれは無理だったのでしょうけど。

なんにしても・・・開幕戦には競争力のあるマシンを持ち込んで欲しい

  • 印象の良い新車
  • メルセデスパワーユニット
  • 才能のあるドライバー

フォース・インディアはちゃんと走らせられれば2015年は飛躍の年になるかも知れないと思うんですよね。
これ以上F1のグリッドからマシンが減る事態だけは避けて欲しいなぁ。

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告