F1 2015 バルセロナテスト2回目 1日目 マクラーレン迷走 #f1gp

マクラーレン・ホンダMP4-30

前回のバルセロナテストでMGU-Kシールにトラブルが多発してプログラムが大幅に遅れたマクラーレンは、暫定的に自社製のコンポーネントに変更。安定した走行ができることを望んでいた。
しかし、ハイドロリックリークが発生してエンジンを交換が必要になったことで、またもジェンソン・バトンの一日は早めに終了することになった。

ハイドロリック系のトラブルと言う事はマクラーレン側の問題ですね。
7周しか走行していないし・・・新しいマクラーレン製のMGU-K用シールが有効なのかどうか検証もできていないですね。コレ。
開幕前最後のテストでマトモに走れない・・・
時間切れな感があります。(ヽ´ω`)

タイム&周回数

順位ドライバーコンストラクターズマシンベストタイム周回
1フェリペ・マッサウィリアムズFW371分23秒500103
2マーカス・エリクソンザウバーC341分24秒276122
3ルイス・ハミルトンメルセデスAMGW061分24秒88148
4ダニエル・クビアトレッドブルRB111分25秒94775
5ロマン・グロージャンロータスE231分26秒17775
6キミ・ライコネンフェラーリSF15-T1分26秒32780
7カルロス・サインツトロ・ロッソSTR101分27秒26186
8ジェンソン・バトンマクラーレンMP4-301分31秒4797

順調なチームはパフォーマンステストに入ってますね

初日のトップタイムを記録したのはウィリアムズのフェリペ・マッサ。ついに1分24秒を切り、1分23秒500というタイムを記録した。
2番手タイムはこの日最多となる122周を走り込んだマーカス・エリクソン(ザウバー)が記録。
3番手タイムはルイス・ハミルトン(メルセデス)が記録し、上位3名が初日から昨年のF1スペインGPのポールタイムを上回っている。

「燃料をどれ位積んでいたのか?」わからないので実際のパフォーマンスはわからないですけど・・・
メルセデスAMGの午後の周回数が伸びていないのも気になりますけど・・・

まあ・・・マクラーレン・ホンダ以外は順調に仕上がっていると見て良さそうです。

まずは開幕戦の予選が楽しみですね。
本当のパフォーマンスは開幕戦の予選で明らかになると思います。(^^)

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m

コメントを残す

広告