F1 2015 日本 FP2 クビアトとは以外な #f1gp #JapaneseGP

レッドブル:F1日本GP 初日のコメント

鈴鹿って確かにダウンフォースが重要なサーキットだけど・・・裏ストレートから130Rまでは上り坂なんだよね。
セクター3でタイムを稼ぐにはパワーが必要なサーキットなんです。
正直レッドブルが速いとは思っていませんでした。(^^ゞ
インターミディエイトタイヤを履いているみたいだから天候が味方したのかな。(・・?

タイム&周回数

順位ドライバーコンストラクターズベストタイム周回
1ダニエル・クビアトレッドブル1分48秒2776
2ニコ・ロズベルグメルセデスAMG1分48秒3008
3ルイス・ハミルトンメルセデスAMG1分48秒8538
4ダニエル・リチャルドレッドブル1分49秒09710
5セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分50秒26818
6キミ・ライコネンフェラーリ1分50秒31916
7カルロス・サインツトロ・ロッソ1分50秒4186
8マックス・フェルスタッペントロ・ロッソ1分50秒5425
9フェリペ・ナスルザウバー1分50秒96810
10パストール・マルドナドロータス1分51秒5577
11ニコ・ヒュルケンベルグフォース・インディア1分51秒67411
12ジェンソン・バトンマクラーレン1分51秒8619
13マーカス・エリクソンザウバー1分51秒93412
14セルジオ・ペレスフォース・インディア1分52秒0708
15ロマン・グロージャンロータス1分52秒5346
16フェリペ・マッサウィリアムズ1分52秒7656
17フェルナンド・アロンソマクラーレン1分55秒23910
18ウィル・スティーブンスマノー1分58秒0596
19アレキサンダー・ロッシマノー1分59秒4197
20バルテリ・ボッタスウィリアムズno time0

とは言え、本命はメルセデスAMG

トップのクビアトと2番手ロズベルグのタイム差は0.023。
冒頭で述べたように鈴鹿はパワーが必要なサーキット。

具体的に言うとオーバーテイクする為には

  • 裏ストレートを全開で駆け上がって(=パワーが必要)
  • 130Rで相手の後ろに付いて(=ダウンフォースおよびタービュランスへの耐性が必要)
  • シケインでインに飛び込む(=ブレーキング時のスタビリティが必要)

すべてを高次元でバランスさせているのは・・・やはりメルセデスAMG。

レッドブルはメルセデスAMGに食らいついて行く事はできるかも知れないけど・・・前に出て勝つのはメルセデスAMG。
残念ながら予想としてはそうなります。(^_^;)
予選、決勝は雨は降らなそうだしね。

バトン引退してしまうのですかね。(・・?

FP2では12番手タイム。

決勝では・・・10位1ポイント取れるかどうかの戦いになりそうですかね。(・・?

(メルセデス、フェラーリに供給能力が無いので)トロ・ロッソにホンダがパワーユニットを提供すると言う話が出ています。
トロ・ロッソのマシンはジェームス・キーが手を入れていて、ルノーパワーユニットなのになかなかのパフォーマンスを示しているマシン。
これにホンダパワーユニットを搭載したらどうなるのか?

私は2016年のトロ・ロッソは2015年より速くなると思います。

2016年トロ・ロッソが活躍するれば、マクラーレンが本当の問題点を認めるキッカケになるハズ。
アロンソの計画通り2017年のマクラーレンは速くなると思います。

正直今辞めるのはもったいないと思いますが・・・マクラーレンの財政状況から考えて・・・契約金で揉めているのかな。(・・?

できればF1で走り続けて欲しいドライバーですよね。

カテゴリー: モータースポーツ | タグ: , , , , | 投稿日: | 投稿者:

シェアしてもらえると嬉しいです。(^^)

広告


marbee について

ある時はフォトグラファー、またある時はブロガー。果たしてその実態は?1973年生まれO型男独身

RSS

ソーシャルメディアもチェェェックヽ(^o^)丿

広告

F1 2015 日本 FP2 クビアトとは以外な #f1gp #JapaneseGP」への2件のフィードバック

  1. masakazoo

    因みにホームストレートから、1コーナーは緩やかな下り坂。マクラーレンはここ数年、かなりな下り坂。
    トロロッソも空力ボディだけど、マクラーレンほどじゃないから、ルノーと同程度には走りそう。
    ルノーが苦しんでいるのは、レッドブル・トロロッソのタイトなボディ設計があるらしい。
    ボディに関してはメルセデスのサイズに集約されそうやね。

    1. marbee投稿作成者

      あの1コーナーもブレーキングポイントが特殊で難しいですよね。

      ルノーの苦しみもタイトなボディ設計だとすると

      ・フルワークスのメルセデス、フェラーリは速い
      ・パワーユニットのみ供給のルノー、ホンダは苦しんでいる
      ・ルノーはフルワークス化を目指している

      の説明も付きますね。(^^)

      問題はマクラーレンがいつ腹をくくるかですね。(^_^;)

コメントする際はまず運営ポリシーをご確認ください。m(_ _)m